令和元年6月の富士(4)ルピナスと富士


撮影地:南都留郡山中湖村
撮影日:2019年6月6日


こんな処にルピナスが咲いていた

白みがかった空でなく

抜けるような青空なら花も映えたのだが


ルピナスの名は

ラテン語でオオカミを意味するルーブスが語源で

オオカミのように荒地でも生育する強靭さを

もっていることに由来するといわれる(ウィキペディアより)



ここは荒地でもなく花壇です



     「ルピナス」

e0344396_11554861.jpg






e0344396_11555621.jpg






e0344396_11560431.jpg







by ruolin0401 | 2019-06-14 05:00 | 夏の富士(6~8月) | Comments(6)
Commented by isao1977k at 2019-06-14 07:04
おはようございます。
私は花がとても好きで、いいなと思った花の花言葉や由来を調べたりするのが趣味なんです。
ルピナスはそうですね、強い花ですよね。
Commented by show1792 at 2019-06-14 09:25
花の都公園でしょうか、ルピナスがいっぱい咲いてたら画になりますね
Commented by ruolin0401 at 2019-06-14 17:00
> isao1977kさん
コメントありがとうございます。
富士山と一緒に撮影する草花はネットで調べて色々と確認していますが、残念ながら花言葉には興味はないです。
ルピナスと富士山は毎年のように撮っている好きな被写体です。
Commented by ruolin0401 at 2019-06-14 17:13
> show1792さん
コメントありがとうございます。
公園に隣接する「ほうとう花庵」の敷地の花壇です。
満開にはもう数日後のようでした。
Commented by yuruteturyojyou at 2019-06-14 20:14
今晩は、ルピナスはいつ頃から日本に咲いているんでしょうか?
珍しい花だと思います。
何度も言いますが、富士山はどんな花でも似合いますね。
Commented by ruolin0401 at 2019-06-15 16:12
> yuruteturyojyouさん
コメントありがとうございます。
ウィキペディアで確認しています。
明治期に緑肥として入って来てその後に園芸としたようです。
昇り藤とも言われていてこの時期になると毎年撮っています。
ヘンシン遅くなり失礼しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 令和元年6月の富士(5)花の都... 令和元年6月の富士(3)二十曲... >>