30年2月の富士(33)薄茜の富士


撮影地:南巨摩郡身延町 本栖湖
撮影日:30年2月24日


日の出を迎え

湖全体が薄く色づきだしました

凍結していない湖面が

波ひとつなく

神秘的なロケーションです


       「薄茜に染まり」

e0344396_23133522.jpg





e0344396_23134298.jpg





e0344396_23134797.jpg





e0344396_23135325.jpg





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


       「富士五湖雑考」


富士五湖で本栖湖は凍結しません

水深が関係しています

富士五湖の水深は

精進湖12m
河口湖15m
山中湖15m
西湖 77m
本栖湖126m


水深が深いと

冬になって冷たい外気にさらされた

冷たい表面水は下に沈み

代わりに「温かい水底の水が湧き上がる」という

循環が起きて湖面が凍らない

水深が低いとその

循環が追いつかずに

全部の水が冷やされてすぐに凍ってしまう



by ruolin0401 | 2018-03-10 05:00 | 冬の富士(12~2月) | Comments(6)
Commented by tamataro1111 at 2018-03-10 07:31
お早うございます
刻々と変化する空の色が素敵ですね。
風が無いのが写真からも観てとれます。
Commented by ruolin0401 at 2018-03-10 21:37
> tamataro1111さん
コメントありがとうございます。
一見すると綺麗なようなロケーションですが
写真にすると平凡な写真になってしまいす。
WBを日影モードにして茜色で夜明けの雰囲気をだして変化を付けました。
Commented by hermes_sawa1 at 2018-03-10 21:37
今晩は。
 夜明けの本栖湖からの富士山、素敵な写真ですね。素晴らしいです。
Commented by makimaki2012peace at 2018-03-10 23:36
素浪人さん、こんばんはぁ。
なんて綺麗なんでしょう!!他に言葉が見つかりません。
本栖湖、そんなに深いんですね。びっくりです。だからこその美しさ。なるほどです。
博士にはいつも教えていただくことばかり。とても勉強になります。
ありがとうございます。
Commented by ruolin0401 at 2018-03-10 23:57
> hermes_sawa1さん
コメントありがとうございます。
この平凡なシチュエーションをどう撮ろうか迷い
WBを日影モードにして朝の色付けをだしました。
Commented by ruolin0401 at 2018-03-11 00:00
> makimaki2012peaceさん
コメントありがとうございます。
もう何十回通ったかも分からない撮影ポイントです。
同じような光景ですが、撮る都度、
毎回違う富士山と湖になるので楽しく撮っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 30年2月の富士(34)朝霧高... 30年2月の富士(32)本栖湖... >>